メモリクロックが正しく認識されていない

今回の自作PC(パソコン)に使用したメモリは「TEAM DDR4 3200Mhz PC4-25600 16GBx2枚(32GBkit)デスクトップ用メモリ Elite Plus シリーズ」です。

メモリクロックは3200Mhzなのですが、UEFI BIOSで確認してみると、2666Mhzと認識していました。

別に3200Mhz以上にオーバークロックさせるつもりはありませんが、せっかく3200Mhzのメモリを購入したのですから、せめて3200Mhzで認識してほしいと思いました。

こちたはUEFI BIOSで手動で動作クロックを指定して、なんとか3200Mhzと認識するようになりましたが、気づかなければ2666Mhzと認識したままでした。

UEFI BIOSで手動で動作クロックを指定する

UEFI BIOSの起動方法

マザーボードメーカーのよってUEFI BIOS起動キー異なりますが、やり方は同じです。

パソコンの電源を入れすぐに、UEFI BIOS起動キーを押し続けます。

UEFI BIOS起動キーは「DEL」又は「F2」キーのいずれかのキーが割り当てられています。

メーカー別UEFI BIOS起動キーは以下のようになっているようですが、取扱説明書を確認してください。

・ASUS 「Del」キー

・Intel 「F2」キー

・Giga-byte 「Del」キー

・ESC 「Del」キー

・ASROCK 「F2」キー

・MSI 「Del」キー

UEFI BIOSが起動すると、次のような画面が出てきます。(こちらはMSI社のEZ mode画面です)

 

UEFI BIOSは「EZ mode」と「Advanced mode」の2つのモードがります。

「EZ mode」は簡易設定モードで、ファンコントロールや起動ドライブの優先順位などは「EZ mode」から変更する事ができます。

ちなみに、「Advanced mode」は詳細設定モードで、オーバークロックやRAID構築したい場合はこちらの詳細設定モードから変更する必要があります。

UEFI BIOSで手動で動作クロックを指定する場合は「Advanced mode」で行います。

Setup Modeスイッチまたは <F7>キーを押すと、BIOSのセットアップ画面においてEZモードとアドバンストモードが切り替わります。

「Advanced mode」切り替わると、次のような画面が出てきます。(こちらはMSI社のAdvanced mode画面です)

 

「Advanced mode」の赤で囲った「OC」の中に「DRAM Frequency」という欄があります。

こちらはDRAM周波数を設定する項目になります。

こちらをクリックすると、メモリクロックの項目が出てきます。

確認するとメモリクロックが2666Mhzで設定されていました。

これを3200Mhzに変更し、画面右上の「×」印で画面を閉じると、設定の保存を確認してきますので、「Yes」をクリックして設定を保存します。

PC(パソコン)を再起動し、再度UEFI BIOSで確認してみると、3200Mhzと正しく認識していました。

これで動作クロックの指定は終了です。

前のページ   次のページ